World IA Day 2017 Tokyo


2017年2月18日(土)13:00から恵比寿のamuにて開催しました。
今年の東京のローカルテーマは、「いま改めて考える『分類』」。分類といえばこの方、系統樹思考や「THE BOOK OF TREE」の翻訳の三中信宏氏に基調講演をいただきました。
また、データビジュアライゼーション分野で活躍されている矢崎裕一氏にはアルゴリズムと分類の関係をお話しいただき、楽天の池田龍馬氏にはEC観点での分類のお話をいただきました。
当日の模様はYouTube Liveで中継し、現在も動画はご覧いただけます。

Welcome Video from Richard Saul Wurman

World IA Day 2017 Tokyoのアーカイブ動画

プログラム

13:00 オープニング:長谷川敦士氏
13:10 ダイアグラム思考—分類と系統の世界観—:三中信宏氏
14:10 ネットワーク時代のデータビジュアライゼーション:矢崎裕一氏
14:40 ビジネスにおけるタクソノミマネジメントの今:池田龍馬氏
15:10 コーヒーブレーク
15:30 IAにおける分類のいま:長谷川敦士氏
16:00 パネルディスカッション

Opening Remarks

 

ダイアグラム思考—分類と系統の世界観—:三中信宏氏

 

ネットワーク時代のデータビジュアライゼーション:矢崎裕一氏

 

ビジネスにおけるタクソノミマネジメントの今:池田龍馬氏

 

IAにおける分類のいま:長谷川敦士氏

 

その他

WIAD公式サイト
公式Twitter @WIAD_JAPAN
ハッシュダグは#WIADTokyo #WIAD17