IA Summit 2007 Redux in Tokyo Report


ついさきほど、IA Summit 2007 Redux in Tokyoが終了しました。

報告会は、約30名の方に参加いただきました。
7時からスタートし、9時半頃まででいったん報告が終了し、その後は11時過ぎまでディスカッションが続きました。

以下、トピック内容(あるいはくいつきがよかった内容)。
(070422追記しました)

配布資料
http://iaaj.org/resource/iasummit_redux_07.pdf

図書館の情報デザイン

  • はたして図書館にアーカイブ以上の機能が必要なのかどうか
  • シアトルのカフェ文化が発達している土壌が関係あるのかね

情報デザインと情報アーキテクチャ

  • 情報デザインはコミュニティデザイン、とも言えるだろう
  • 情報アーキテクチャのほうが目的志向があるのではないか?

パターンランゲージ

  • 乱立することの気持ち悪さ解消のためなのか、設計のためなのか

プロセス

  • AdaptivePathが、「no process, but toolbox」といっているのは、プロセスをわかった上で、それを柔軟に運用していくということなのだろう
  • no processって言っちゃうのはかっこいいね

Delphi Card Sorting

  • Delphi Method自体は未来予測等によく使われている
  • このカードソーティングは楽しそう、みんなでやりましょう

IDとIA

  • うまくやっていくのは実際たいへん
  • プロダクトの種類(大量生産型なのか、個別特化型なのか)にも依存しそう
  • こういった開発時は社外リソースと社内リソースの上手な使い分けが重要であろう

質問など

  • 参加者規模。500人程度ってのは、すくないんじゃないのか?
    → 参加費用が高いのか?
  • 男女比は?参加国は?
    →たぶん6:4くらい。女性はわりと多い。あと世代も幅広い。参加国はたぶん8割5分くらい北米。
  • デザイナ、プログラマとどうやっていくか、的な話題はなかった?
    → 前提として、職務領域がわかれていて、それぞれの専門領域について責任を負う、というスタンスなので、いっしょにやっていくことは織り込まれている。
  • 全体的に、問題意識の提起のあとの、「で、どうやるの?」がないねぇ。

IA Summitの将来とIAの将来

  • いわゆるIAノウハウは、米国ではすでに普及していることもあり、わりと「枯れてきている」のではないか?
  • とすれば、IAに未来はない?
  • これまでがマイナスだったとすれば、ノウハウの普及は0基準を作るというはなしでは?
  • 情報プロダクト一般での情報アーキテクチャ構築にはまだまだ課題が多く、可能性もある。
  • IA Summit自体の情報アーキテクチャ設計に難あり?

「探し方」とIAの相対性(070422追記)

  • 世の中の「ものの探し方」は常に存在する
  • 「いまある手段」を使って、それを最適化するのがインフォメーションアーキテクト
  • IAは常に必要である
  • ただ、専門職種としてインフォメーションアーキテクトが必要かどうかは疑問
  • また、いま現在は、「キーワード」で物事を探すことが主流になっているが、これはどう変化していくのか

お忙しい中、参加された皆さん、ありがとうございました。

IA Summit 2007: Resource
http://www.iasummit.org/2007/conferenceProgram.htm
http://www.iasummit.org/2007/posters.htm

Flickr: IA Summit 2007
http://www.flickr.com/photos/tags/iasummit07/

IA Institute
http://iainstitute.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です