How Buildings Learn読書会(報告)


06/06/24 13時〜17時過ぎまで、How Buildings Learn – Stewart Brand著の読書会を開催しました。

分担された主要な章について、各自でレジュメを用意し順に発表していく形式で行われ、適宜Web設計との関連や、参考文献などを参照しながら進められました。

主なトピックとしては、

  • この本で扱われている「時間変化に対応した建築」はもともとの日本建築で実現されていたのではないだろうか?
    →著者は日本の建築のことを知らない?
    →ぜひ、IAI-JとかIAAJとかで著者を呼ぼう!
  • 「6つのレイヤー」の考え方はそのままWeb設計の分野にも導入できるだろう。
  • 建物の場合制約条件は土地や道などがあるが、ウェブの場合「ブラウザ」がそれにあたるのだろうか?共通しているのは、「踏み込まない領域」ということ
  • 「道」はどうやってできていったのか、変わりうるものなのか?
  • 「ツール」と「メディア」の対比、違い。「見られること」の存在。可視化のインセンティブ。
  • 比喩的というよりほぼそのままWebの分野でも使える考え方であろう。

途中参考文献に上げた書籍は以下です。

  • ファインマン物理学I〜V、ファインマン計算機科学、ファインマン講義 重力の理論、R.P.ファインマン、他、岩波書店
  • アクティビティを設計せよ!、小嶋一浩、彰国社
  • The Dynamics of Architectural Form、Rudolf Arnheim、Univ. of California Press
  • パタン・ランゲージによる住まいづくり、中埜博、井上書院
  • 絵で見るある町の歴史、スティーブ・ヌーン、アン・ミラード、さ・え・ら書房
  • A Pattern Language、Chiristopher Alexander、他、Oxford Univ. Press

参加されたみなさん、おつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です