IA Summit 2016 Redux in Tokyo(IA Summit報告会)を開催します

ias16reduxtokyo_500
5月6日〜8日まで、米国ジョージア州アトランタで開催された「IA Summit 2016」の報告会を6月6日に開催します。

IA Summitは情報アーキテクチャに関する国際会議で、今年は5月6日〜8日まで米国・ジョージア州アトランタにて開催され「A Broader Panorama」というテーマが掲げられました。
また、カンファレンスの前には2日間にわたってワークショップも開催されました。

IA Summit 2016のプログラム
http://www.iasummit.org/events/ias2016/program

本イベントでは、カンファレンスのセッション全部をカバーすることはできませんが、以下のいくつかのトピックやキーワードに関連するセッションをご紹介したり、また参加者のみなさまと議論を深めていけたらと思っています。

  • ダイバーシティ、インクルージョン、アクセシビリティ、ヒューマニティ
  • オントロジー
  • タクソノミー、フォークソノミー
  • パーソナライズ
  • コンテンツ/コンテキスト
  • プロジェクト設計、合意形成、チームマネジメント
  • 持続性、メンテナビリティ

ぜひ、ご参加ください。

IA Summit 2016 Redux in Tokyo

【日時】2016年6月6日(月)19:30〜22:30(19:00開場)
【会場】amu(渋谷区恵比寿西1-17-2)
【定員】35名

【スピーカー】

  • 三菱電機株式会社 粕谷俊彦氏
  • サントリーシステムテクノロジー株式会社 黒沢征佑喜氏
  • 株式会社インフォバーン 井登友一氏
  • 株式会社コンセント 長谷川敦士、中垣美香、河内尚子
  • 株式会社ミツエーリンクス 前島大氏
  • 岩本祐希子氏

※ 扱うトピック、キーワード、スピーカーは変更になる場合があります

【主催】IAAJ(Information Architecture Association Japan)
【協力】株式会社コンセント
【参加費用】1,000円
※ 懇親会費込み。報告会のみのご参加の場合でもお支払いをお願いしております。
※ 領収書は発行いたしません。

【詳細・お申し込み】Peatixのイベントページをご確認ください。
http://iasummit2016reduxtokyo.peatix.com/
※ チケットはすでに完売しています。

※ 開催までのフォローはFacebookのIAAJグループにて行います。
https://www.facebook.com/groups/120054384736086/

IA Cocktail Hour: IA Summit 2015 talkを開催します

5月21日(木)にamuにてIA Cocktail Hourを開催します。

4月24〜26日まで、アメリカのミネアポリスにて情報アーキテクチャのグローバルカンファレンス「IA Summit」が開催されました。

IA Summit 2015
http://www.iasummit.org/events/ias2015

IA Summit Reduxという報告会スタイルではなく、去年に引き続き今年も、IA Cocktail Hourとして開催します。
IA Summitに参加してきたメンバーよりカンファレンスで扱われた内容についての話題提供を行い、関心のある方同士で自由に議論を深めていきたいと思います。
ぜひ、今年のIA Summitのカンファレンスプログラムをご覧の上、ご参加ください。

IA Summit 2015のスケジュール(プログラム)
http://www.iasummit.org/events/ias2015/schedule

また、今年は、IA Summit3日目のプログラム「The Understanding Bee」にインスピレーションを得て、みなさんからの質問にIA Summit参加者で答えていきたいと思います。IA Summitのセッション以外に関する質問も歓迎していますので、ぜひ質問などお寄せください。

IA Cocktail Hour: IA Summit 2015 talk
【日時】2015年5月21日(木)19:00〜(18:30開場)
【会場】多目的クリエイティブスペースamu(恵比寿)
【定員】30名

【参加費】2,500円(懇親会費込)
※ 懇親会に参加されない場合でもお支払いをお願いしています。

【主催】IAAJ(Information Architecture Association Japan)
【協力】株式会社コンセント

【タイムテーブル】
18:30 開場
19:00 IA Summitに関する話題提供とディスカッション
20:30 intermission
20:40 懇親会スタイルのディスカッション
22:00 終了
※ プログラムは変更になる場合があります。

【お申し込み・詳細情報】Peatixのチケット販売サイトにてご確認ください。

【開催までのフォロー】
イベント開催までのフォローについてはIAAJ Facebookグループにて行います。

IAAJ Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/120054384736086/

「architexture」リニューアルと運営体制変更についてのお知らせ

昨年12月に公開されたオンラインメディア「architexture」は、2014年4月よりリニューアル準備に入り、責任編集者を務めていたインフォメーションアーキテクト 浅野 紀予は、3月末日を持って辞任いたしました。

「architexture」の立ち上げについては、昨年12月11日に当サイトでも告知させていただいたため、この運営体制変更についても、改めてご報告させていただきます。

朝日新聞主催 未来メディアプロジェクト「データジャーナリズム・アイデアソン・ハッカソン」の運営パートナーに

IAAJ(情報アーキテクチャアソシエーションジャパン)は、朝日新聞主催の未来メディアプロジェクト「データジャーナリズム・アイデアソン・ハッカソン」に、運営パートナーとして協力することになりました。

未来メディアプロジェクト「データジャーナリズム・アイデアソン・ハッカソン」

未来メディアプロジェクトは、「オープン・データ」「シビック・ジャーナリズム」と呼ばれる流れがあるなか、社会のさまざまな課題を市民や企業、行政とともに解決していこうとする取り組みで、一方通行ではないメディアのあり方を考えていくプロジェクトです。

その未来メディアプロジェクトの一環として開催される「データジャーナリズム・アイデアソン・ハッカソン」は、多種多様な人々が集まり短期間で集中的にアイデアやサービスを考え、アプリケーションやウェブサービスなどを作るイベント。災害や気象、社会保障や文化、スポーツなどさまざまな分野で日々取材している朝日新聞の記者の方々と一緒に、オープンデータや朝日新聞社のデータを活用しながら、ユーザーエクスペリエンスを意識して、社会問題をわかりやすく提示するコンテンツづくりを目指します。

IAAJはこのイベントの運営パートナーとして、ハッカソンのPRや企画内容について、アドバイスやサポートをしています。

なお、アイデアソン・ハッカソンへの参加者も広く募集していますので、ぜひふるってご応募ください。

※2月5日応募締切
※基本的には誰でも参加が可能。ただし、応募多数の場合は、エンジニア、デザイナー、データアナリスト、編集など、データジャーナリズムに必要なスキルを持っている方が優先されます。
※締切を過ぎてからのお問い合わせは、朝日新聞社のハッカソン事務局(marketing@asahi.com)へお願いします。

プログラム詳細や応募方法は「朝日新聞デジタル」の未来メディアプロジェクト「データジャーナリズム・アイデアソン・ハッカソン」ページをご覧ください。

「architexture」創刊のお知らせ

情報アーキテクチャをメインテーマとするオンラインメディア、「architexture」のWebサイトが本日公開されました。責任編集者を務めるのは、IAAJ主宰の 長谷川 敦士氏と、私 浅野 紀予の2名です。

IAへの興味や関心を、さらに多くの方に抱いていただけるようなサイトにしていきたいと思います。

長谷川氏と私のそれぞれのブログで、以下の紹介記事もアップしておりますので、あわせてご覧いただければ幸いです。

Euro IA 2013 Redux(Euro IA 報告会)開催します

本年9月26日から28日まで、スコットランドのエディンバラで開催された「Euro IA 2013」の報告会を、10月28日(月)に開催します。

ヨーロッパで開催されるEuro IAは北米で開催されるIA Summitとは異なり、その年のテーマが設定されることはありませんが、より多国籍で、異分野からの参加者も多く、話されるトピックや紹介される事例もバラエティ豊かです。
この報告会では3名のスピーカーを迎え、カンファレンスの概要や扱われていたセッションのなかで興味深かったトピックなどを共有していただく予定です。

参加お申し込みは、ATNDにて受付いたします。
詳しくは、「Euro IA 2013 Redux in Tokyo」ATNDイベントページをご覧ください。

Euro IA 2013 Redux in Tokyo(Euro IA 報告会)

【開催日時】 2013年10月28日(月)19:00〜22:00(開場18:30)

【会場】クリエイティブスペースamu(恵比寿)
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2
TEL 03-5725-0145

【タイムスケジュール】
18:30 開場
19:00 報告会スタート
20:30 懇親会スタート
22:00 終了
※ プログラムは変更になることがあります。

【参加定員】35名

【参加費】2,500円(懇親会費込)
※ 報告会のみの参加の場合でもお支払いをお願いしています。
※ 領収書ご希望の方は、ATNDの領収書発行機能をご利用ください。

【主催】IAAJ(Information Architecture Association Japan)
【協力】株式会社コンセント

※ 開催までのフォローはFacebookのIAAJグループページで行います。

zp8497586rq

IA Summit 2013 Redux in Tokyo 開催します

本年4月3日から7日まで、米国メリーランド州ボルチモアで開催された「IA Summit 2013」の報告会を、5月29日(水)に開催します。

今回のIA Summitには、日本から5社10名という大勢の参加がありました。

全体テーマとして「Collaborating with people outside of the discipline」が掲げられ、カンファレンス開催前に行なわれた Andrea Resmini氏による「Reframing Information Architecture」と題したラウンドテーブルワークショップでは、これまでのIAを振り返りながら、またIAだけでなくその外側にある領域についても意識しながらIAの再構築について考察が行なわれたとのことです。

本報告会では、注目すべきいくつかのセッションについてご紹介し、参加者のみなさんとの懇親会スタイルのディスカッションも取り入れながら進行する予定です。

参加お申し込みは、ATNDにて受付いたします。
詳しくは、「IA Summit 2013 Redux in Tokyo」ATNDイベントページをご覧ください。

IA Summit 2013 Redux in Tokyo(IA Summit 報告会)

【開催日時】5月29日(水)19:00〜22:00(開場18:30)

【会場】クリエイティブスペースamu(恵比寿)
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2
TEL 03-5725-0145

【タイムスケジュール】
18:30 開場
19:00 報告会スタート
20:40 懇親会スタイルのディスカッションスタート
22:15 終了
※タイムテーブル、スピーカーは変更になることがあります。

【参加定員】45名

【参加費】2,000円(懇親会費込)
※報告会のみの参加の場合でもお支払いをお願いしています。
※領収書ご希望の方は、ATNDの領収書発行機能をご利用ください。

【参加お申込み】「IA Summit 2013 Redux in Tokyo」ATNDイベントページにて受付中です。

【主催】IAAJ(Information Architecture Association Japan)
【協力】株式会社コンセント

※開催までのフォローはFacebookのIAAJグループページで行います。

zp8497586rq

IA Summit 2013 開催中です

米国メリーランド州ボルチモアで、今年の「IA Summit 2013」が開催中です。
参加中の @ahaseg 氏によると、今年はセッションごとにTwitterで議論が白熱しているそうですので、興味を持たれた方はトピックごとのハッシュタグを追っていただくことをおすすめします。

zp8497586rq

WIAD Tokyo 2013:セッション動画を公開しました

先日の World IA Day Tokyo 2013 のセッション動画を、IAAJのYouTubeチャンネルでご覧いただけるようになりました。全7本のプレイリストはこちらです。また、以下のページからも各セッションの動画にリンクしています。

動画の制作にあたっては、イントリックス株式会社の木村大介氏を始め、IAAJのボランティアスタッフのみなさまに多大なご協力をいただきました。
ありがとうございました!

zp8497586rq

WIAD Tokyo 2013:参考資料をまとめました

去る2月9日(土)に開催された World IA Day Tokyo 2013 の各セッションで使われたスライド、およびパネルディスカッションで実施したリアルタイムドキュメンテーションの記録(PDF形式)を、以下のページにまとめました。

リアルタイムドキュメンテーションの資料は、パート1を株式会社コンセントの長谷川敦士氏に、パート2をOVERKASTの大林 寛氏に作成していただきました。ありがとうございます。

これらの参考資料を、今後のIA思考の材料として、ぜひ多くのみなさんにお役立ていただければ幸いです。
なお、セッション動画についても、追って公開できるよう準備中です。

zp8497586rq