公共性を生み出す武蔵野プレイス

Pocket

  • 公共性を生み出す武蔵野プレイス(kw+hg architects代表 比嘉 武彦)
  • 公共性・身体知・空間論(kw+hg architects代表 比嘉 武彦 × WIAD 大林 寛)

公共性を生み出す武蔵野プレイス

kw+hg architects代表 比嘉 武彦

武蔵野プレイスは、2011年にオープンした武蔵野市の公共文化施設です。
私たちは、建物だけではなく、施設プログラムからサイン、家具、公園に至るまでトータルにデザインさせていただきました。おかげさまでオープン後、予想をはるかに上回る毎年約150万人もの利用者があり、JR武蔵境駅で降りる人の1割がここを訪れることを目的にしているという調査結果も出ているそうです。この施設があるからこの街に引っ越してきたという人もいらっしゃるようで、うれしい限りです。

image02

© 小川重雄

交流装置としての公共施設

武蔵野プレイスは、図書館系、生涯学習系、市民活動系、青少年系という4つの機能からなる複合施設です。図書館や公民館といった従来の類型にとらわれることなく、図書や活動を通して、市民同士が気軽に交流し、さまざまな人たちの居場所になるような、「知的交流拠点」をつくろうという試みです。

公共施設は、その独特の雰囲気や敷居の高さから、意外とユーザーが限られる傾向にあります。比較的施策が手厚い武蔵野市でも、とりわけ若い世代の参画を促すことは難しいとされていました。武蔵野プレイスでは、このような状況を鑑みて、地域社会を構成する人々が全世代的にまんべんなくやって来るような施設となることを目標にしました。そうやってはじめて「公共性」というものが生まれるのではないかということです。

image03

© 小川重雄

居心地のよさが生み出す「公共性」

とはいえ、予定されている機能は、公共施設としては標準的で、それだけで隣のショッピングセンターにたむろするティーンエージャーたちを引っ張って来れるとは思えません。そこで私たちは、誰もが空間自体を魅力的に感じられるようなものにしていくことによって、これまで公共施設と無縁だった人たちも含め、さまざまなユーザーを引き付けていくことをめざしました。居心地のよさ、さらには空間の歓びのようなものをつくり出し、建築の力によって、全世代参画性、つまりは「公共性」を立ち現せようという試みです。

また、4つの機能をシームレスに融合させて、機能的にも空間的にも曖昧なすき間がたくさん含まれた状態をつくることで、類似施設にありがちな堅苦しさを解き放ち、さまざまな活動やさまざまな人たちの居場所をつくり出そうとしました。

image00

© 小川重雄

「ルーム」の集合体

具体的な計画論として、武蔵野プレイスは、機能別にゾーニングして配置していく通常の手法ではなく、人の身体から割り出された心地よいスケールのスペースを多数用意して、これらの小分けにされたスペースを、全層にわたって連結させ組み合わせていくという、独自の方法によって設計されています。建物を機能に即してあつらえるよりも前に、まずは人の身体にフィットさせて、人が感じる居心地の良さをベースにつくっていこうということです。最終的には、かたちやスケールだけでなく、色、光、音、空気等、多層なパラメータで、ゆったりと人の身体を包み込み、多重的に居心地のよい場として設計されています。

こうして生み出されてきた個々のユニットは、「ルーム」と呼ばれています。武蔵野プレイスは、丸みを帯びた数十個の「ルーム」の集合体から成り立っているというわけです。また「ルーム」同士の関係はパラレルで、かつすべてが数珠繋ぎにつながった状態になっています。

武蔵野プレイスの4つの機能はいったんこれら数十個の「ルーム」に振り分けられた後に、連鎖的な関係が生まれるように順列・組み合わせがスタディされ、立体的に練り上げられているのです。

image05

© 小川重雄

出会いを生み出す空間

1Fのエントランスを入ると、まずはど真ん中にカフェがある大きな「ルーム」に迎え入れられます。よく見るとカフェカウンターはぐるり360°回っていて、半分は検索用端末や本棚等、図書館機能として使われています。程よいざわめきやカップがふれあう音、端末を操作する音が、適度な通奏音となって、訪れる人を包み込み、公共施設にありがちな敷居の高さをぐっと下げ、この施設は誰でもウェルカムで、全体がカフェみたいな居場所なのだということを語りかけているわけです。カフェに隣接して、マガジンラウンジやギャラリーの「ルーム」がつながり、吹き抜けを介して、四隅から図書館の「ルーム」が見え、上方には市民活動の「ルーム」がのぞいている。

このように武蔵野プレイスでは、「ルーム」から「ルーム」へ、つまり活動から活動へとずるずるとつながって、本をさがしに来た人が知らず知らずのうちにミーティングに参加していたり、地下のティーンズのコーナーに遊びに来た人が隣り合う図書エリアに自然に入って行って、そのまま図書館の奥へと導かれていったり、スタディコーナーを利用する人が、市民活動のエリアを見ながら移動するうちに、ついつい巻き込まれてしまうといったことが、日常的に起こりうるように意図されています。

また全てが「ルーム」の集合体としてできているということは、廊下が全くないということでもあり、活動と活動が無媒介的に隣接しながら連鎖し、普段あまり接することがない人たちが活動を通して自然に混じり合うようになります。こうして建築空間そのものが交流装置として機能するわけです。

image01

© 小川重雄

励起される「公共性」と思考の装置

写真を見るだけではわかりませんが、「ルーム」の集合体としてつくられている武蔵野プレイスは、独自の空間体験をもたらすように考えられています。私たちの最大の目論見も実はここにあります。

「ルーム」は、それぞれがひとつの室としてのまとまりがあり、人をやわらかく包み込むような十分な内部性・求心性をもっている一方で、同じ形状の開口部を介して、あらゆる方向から隣接する「ルーム」につながっていきます。開口部は、いったん人が通れるくらいの高さに絞り込まれるので、包まれ絞られまた包まれて、身体的にぶれやリズム、共鳴のようなものが生じ、直近の記憶と混じり合う人の認知構造とが相まって、ひとつの空間を体験するのとは異なる別な次元が生成してくるわけです。

私たちはそういった空間のリフレクションや相互貫入のような効果を「乳化」と呼んだりもしています。つまり「公共性」というものは、日常からやや励起された状態から生まれるのではないだろうかということです。そういった場所に身を置くことで、何かうきうきしたような気持ちになったり、何かいいことを思いつきやすくなったり、いつもよりちょっとだけやさしい気持ちになってコミュニケーションが起こりやすくなったり、たまたま居合わせた人に対しても少しだけシンパシーが生まれやしないか、そうやって空間からパブリック・コンディション(公共状態)というべきものが生成することをめざしていました。

同時にそれは、特に目的もなく訪れたとしても、空間がつながっているそのあり方自体によって創造性が触発され、思いがけない発想や活動へと導かれ、そのなかに入ると誰でもクリエイティブになれるような、思考の装置となるのではないかと期待しています。

» 次ページ: 公共性・身体知・空間論
(kw+hg architects代表 比嘉 武彦 × WIAD 大林 寛)


比嘉 武彦氏 プロフィール

比嘉 武彦氏川原田康子と共に建築設計事務所(有)kw+hgアーキテクツを共同主宰。
小住宅から商業、オフィス、公共施設に至るまでさまざまな施設の設計に携わる。人を引き付けてやまない居心地のよい建築をつくることによって、社会をよりよいものへと変えていきたいと考えている。
最近の代表作は「武蔵野プレイス」で、施設プログラムから建築設計、サイン、家具、隣接する公園など、すべてを設計。オープン後、年間150万人の集客力を発揮し、武蔵境の街そのもののイメージを変えたと言われる。
現在は岐阜県において、公民館と庁舎が一体となった「岐南町庁舎」を建築中。超機能的な庁舎棟の廻りにどこからでもアプローチできる大きな屋根を巡らせ、庁舎そのものを町の人たちが自由に集まる居場所にしてしまう、これまでのイメージを一新するような試みを実施中である。

最近の投稿

World IA Day 2018 Tokyo開催

Pocket


今年もWorld IA Dayを東京にて開催します。

■ What is World IA Day?
World IA Dayとは、世界同日開催のIA(Information Architecture: 情報アーキテクチャ)に関してのイベントです。IAの啓蒙と普及、コミュニティ活動の活性化を目的として、IAの国際組織であるIA Institute(http://iainstitute.org/)が主催し、世界中のローカルコミュニティが運営を行っています。2012年に世界13都市でスタートし、2018年は25カ国56拠点で開催されます。

■ World IA Day Tokyo
World IA Dayのコンセプトに賛同し、日本では「World IA Day Tokyo」として有志によるIAの団体IA Association Japan(http://iaaj.org/)が2012年の初回から日本でのイベントを実施しています。

■ IAの倫理と哲学
今年のテーマは「IAの倫理と哲学」。デザインの責任、デザインの倫理が話題に上ることも多い昨今、はたしていちデザイナーはどこまでの責任を意識すべきなのか、そもそもデザインという行為をどうとらえるべきなのかについて考えていこうと思います。

いまやIA/UXデザインは、ビジネスのためのみならず、社会へのインパクトを与え、ユーザーの生活に影響をおよぼす行為です。特にサイトやアプリでの情報設計は、行動経済学などでも話題になっているように「選択アーキテクチャ」の設計そのものであるともいえ、人々の選択行為自体をデザインしていると言え、その動向には社会的にも注目が集まってきています。

個々のデザイナーの日々の業務は部分的なものであるといえ、総体としての社会はその積み上げで作られており、デザイナーも責任や役割を引き受けることが求められます。そういったなか、さまざまな立場の方をゲストにお呼びして、IAの倫理について考えていきながら、これからの論点を洗い出していければと思います。本年度のスピーカーには、GoodpatchのUXデザイナー Chelsea Hostetter氏、ロフトワークのイノベーションメーカー 棚橋弘季氏、九州大学芸術工学科教授で哲学が専門の古賀徹氏をお招きします。この3名からの話題提供に引き続き、パネルディスカッションによって議論を深めていきます。

また、Skypeを用いて、Luciano Floridi(ルチアーノ・フロリディ)氏による特別講演が予定されています。フロリディ氏は科学哲学、技術哲学、倫理学の分野でイタリアで最も影響力のある思想家の一人で、情報哲学や情報倫理学の研究で知られています。

なお、本イベントはYouTube Liveでのストリーミングも予定しています。
会場キャパシティの都合、会場参加定員が限られるため、会場参加される方には議論への積極的な貢献が期待されています。

【開催概要】
World IA Day 2018 Tokyo
https://2018.worldiaday.org/

開催日時:2018年2月24日(土)14:00〜21:00(13:30開場)
会場:amu(東京・恵比寿)
参加費:IA Institute会員/一般とも 3,500円(コーヒーブレイク代、懇親会費込)
定員:25名
お申込みページ:http://wiad2018tokyo.peatix.com
視聴URL:http://iaaj.org/wiad2018

■ スピーカー:
チェルシー・ホステター氏(株式会社グッドパッチ シニアUXデザイナー)
棚橋 弘季氏(株式会社ロフトワーク 執行役員兼イノベーションメーカー)
古賀徹氏(九州大学芸術工学研究院 教授)
ルチアーノ・フロリディ氏(Professor of Philosophy and Ethics of Information, University of Oxford; Director of Digital Ethics Lab, Oxford Internet Institute)

■ オーガナイザー:
長谷川敦士(IAAJ/株式会社コンセント インフォメーションアーキテクト)、Bibiana Nunes(Adidas CX / IA / eCommerce)

■ 主催:
IA Institute(iainstitute.org) / IA Association Japan(iaaj.org)
、株式会社コンセント

■ 協賛:
株式会社インフォバーン
株式会社コンセント
株式会社ビジネス・アーキテクツ

■ 運営事務局:
株式会社コンセント(concentinc.jp) / amu(a-m-u.jp

■ プログラム:

13:30 開場
14:00 Opening Remarks
14:10 チェルシー・ホステター氏:「小さい設計、大きい影響: LGBTQのための設計」
15:00 棚橋弘季氏:「曖昧さと不確実性」
15:40 コーヒーブレイク
16:00 古賀徹氏:「デザインの基礎を掴む」
17:00 パネルディスカッション:モデレーター長谷川敦士(IAAJ)
18:00 懇親会
20:00 特別講演 ルチアーノ・フロリディ氏 :「The Age of Good Design」
21:00 終了

※ スピーカーやプログラムは変更になる場合があります。
※ 内容については、後日映像配信および出版を予定しています。
※ 有志による逐次通訳を予定していますが、プロ通訳者による通訳ではありませんので、ご了承ください。
※ 悪天候や災害等により、やむなくイベント開催を中止することがあります。その場合は経費等計算のうえ、参加費の一部を返金する予定ですが、有志ボランティアメンバーで運営しているため、対応コストとの兼ね合いで必ずしも応じられないケースがあることをご理解ください。また、開催中止の場合、移動や宿泊にかかるキャンセル費等については負担できませんのでご了承ください。

■スピーカープロフィール:(登壇順)

◎チェルシー・ホステター
株式会社グッドパッチ シニアUXデザイナー

デザインリサーチャーとインタラクションデザイナーのハイブリッドで、Capital One、Samsung、FedExなどグローバルクライアントと共に直感的なシステムのデザインに携わる。LGBTQコミュニティーを手伝うためより倫理的かつ有用なデザインの実現に邁進している。これまで、オースティン、ヘルシンキ、モスクワ、そして東京において、インタラクションデザイン領域の講演などもしており、現在は、東京をベースに、グッドパッチで、プロトタイピングツール「Prott」を設計するためにシニアーUXデザイナーとして働いている。デザインとリサーチの時以外は、週末と休日で旅行に出かけ、自分のビデオゲームを作っている。

◎棚橋弘季
株式会社ロフトワーク 執行役員 兼 イノベーションメーカー

芝浦工業大学工学部建築学科卒業。2013年にロフトワーク入社。サービスデザインの領域を中心に、クライアントのビジネス活動にイノベーションを実現するための支援業務を担当。 パナソニック株式会社の共創型イノベーション実践の場「Wonder LAB Osaka」の立上げ、富士通株式会社の共創スペース「FUJITSU Knowledge Integration」の立上げなどのプロジェクトを担当。著書に『デザイン思考の仕事術』、『ペルソナ作って、それからどうするの?』、共著に『マーケティング2.0』。

◎古賀徹
九州大学芸術工学研究院教授

1967年熊本県生まれ。工業高専で電子工学を専攻するも水俣病の問題に直面し、あるべき技術のあり方を考えるために北海道大学で哲学を学ぶ。1997年に「技術の人間化」を掲げる九州芸術工科大学に環境倫理学の教員として赴任し、デザインの哲学、倫理学、美学を教え、現在に至る。専門は西洋現代哲学。

◎長谷川敦士
株式会社コンセント 代表/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県出身。株式会社コンセント代表。理解のためのデザインとしての情報アーキテクチャ設計を長年実践・研究している。World IA Dayは発足当初から東京でも主催している。学術博士。

◎ルチアーノ・フロリディ
Professor of Philosophy and Ethics of Information, University of Oxford; Director of Digital Ethics Lab, Oxford Internet Institute

オックスフォード大学の情報理学哲学教授であり、Oxford Internet Instituteのデジタル倫理ラボ(Delab)のディレクター。アランチューリング研究所のFaculty Fellowであり、同研究所のデータ倫理研究会の議長、欧州医療情報フレームワークの倫理アドバイザーボードの会長も務めるほか、EUの倫理諮問グループ、データ保護の倫理的側面、英国王立協会と英国アカデミーのデータガバナンスワーキンググループ、「忘れられる権利」についてのGoogle諮問委員会などを担当。 専門分野は、情報哲学、デジタル倫理、技術哲学など。 最近の著書には、『第四の革命―情報圏が現実をつくりかえる(The Fourth Revolution – How the infosphere is reshaping human reality)』 (2014)、『The Ethics of Information 』(2013)、『The Philosophy of Information』(2011)などがある。

■ 開催日までのフォローについて:
開催当日までのアップデートや連絡は、FacebookのWorld IA Day Japanページにて行います。
https://www.facebook.com/groups/120054384736086/

  1. IA Meetup Japan featuring IAS17を開催します IA Meetup Japan featuring IAS17を開催します はコメントを受け付けていません。
  2. World IA Day 2017 東京・京都・沖縄のご案内 World IA Day 2017 東京・京都・沖縄のご案内 はコメントを受け付けていません。
  3. IA Summit 2016 Redux in Tokyo(IA Summit報告会)を開催します IA Summit 2016 Redux in Tokyo(IA Summit報告会)を開催します はコメントを受け付けていません。
  4. IA Book Guide「マンガ エニグマに挑んだ天才数学者 チューリング」 IA Book Guide「マンガ エニグマに挑んだ天才数学者 チューリング」 はコメントを受け付けていません。
  5. IA Book Guide 序文 IA Book Guide 序文 はコメントを受け付けていません。
  6. World IA Day 2016 Tokyo開催 World IA Day 2016 Tokyo開催 はコメントを受け付けていません。
  7. IA Cocktail Hour: IA Summit 2015 talkを開催します IA Cocktail Hour: IA Summit 2015 talkを開催します はコメントを受け付けていません。
  8. World IA Day 2015 Tokyo on Ustream World IA Day 2015 Tokyo on Ustream はコメントを受け付けていません。
  9. 「architexture」リニューアルと運営体制変更についてのお知らせ 「architexture」リニューアルと運営体制変更についてのお知らせ はコメントを受け付けていません。